--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-30(Thu)

2010年あれこれ

もう一週間もマスクマン状態で、一向に喉の調子が良くならないMASHです。
こんなに喉だけ痛い状態が続く風邪は初めてかも。
皆さんもお気をつけくだしあ!

では、今年MASHが体験した各娯楽メディアで優秀だった作品について
厳選したものを紹介。
今年発売されたものじゃなくて、飽くまでMASHが今年見聞きしたものになります。
■少年漫画部門
『ケルベロス』
『進撃の巨人』

特にこの二作品が久々に少年漫画として面白いと思えた作品。
『ケルベロス』は王道でありながら、人物、物語進行共に丁寧な描写、
作品の方向性など、シッカリと芯が一本通った作品。
そこで『進撃の巨人』の方は独自の世界観を最初から上手く構築し、
非常にインパクトの強い展開で毎度良い意味で期待を裏切ってくれる。
どちらの作画も荒削りであるが、その絵柄だからこそ、その作品に合っている。

その他購読してる漫画で安定して面白いのは『よつばと』『ハチワンダイバー』など
数多いので今回は少年漫画部門だけ挙げることとします。

■アニメ部門
『機動戦士ガンダムUC』
久しぶりに『ガンダム』を観られたと実感した。
こんなにガンダムでワクワクさせられたのは『MSイグルー』以来か?
ダブルオーも好きだけど、宇宙世紀モノのガンダムという意味で。
OVAの枠を超えたクォリティの高さが度肝を抜いた。
『ハガレン』終わったのって今年だっけ? だったらハガレンも殿堂。

う~ん、今年余りTV放映観てないんだよねぇ。
水島監督の『イカ娘』は原作を大いにリスペクトしていて、
原作以上の面白さに仕上がってて良い作品だと感じた。
特にイカ娘のEDテーマが凄く好きだった(かな恵!)
最終回は水島監督自ら全てコンテを切っていて、『おお振り』でも見せた
見事な野球シーンの動きが素晴らしかった。
水島監督が担当したアニメはどれも原作以上の面白さになるから凄い。

■ゲーム部門
ゲームに関してはこのサイトで良く取り上げてたタイトルは殿堂と言って良いでしょう。
改めて挙げると

 ▽2Dアクション部門『悪魔城ドラキュラHD』
 ▽アドベンチャー部門『シュタインズゲート』
 ▽TPS部門『DEAD SPACE』
 ▽ギャルゲー(燃えゲー)部門『真・恋姫†無双』

などでしょうか。これらに関しては散々書いてきたので今更どうこう
言うこともないでしょう。
特にドラキュラHDと恋姫無双のプレイ時間、プレイ期間は長かった。
それ程長い間面白さが持続出来たのは凄い。そして現在も継続中である。

■洋画部門
う~ん、色々観てはいるんだけど、取り立てて傑作と言えるものは
少なかったかなぁ。二回もレンタルしてきた『96時間』面白かった。
最近WOWOWでも放映されたね。基本B級狙いで観に行くから
当たり外れが大きい。中々満点のB級に出会うのは難しい。

■サウンドトラック部門
 『クイーンズブレイド』(アニメ)
 『真・恋姫†無双』(ゲーム)

音楽が作品を大いに盛り上げる要因の一つになっていた作品。
この曲を聴くとあのシーンが思い出される、といったような
それ程作品と音楽が合っていた。音楽は映像作品にとって
非常に重要だということを実感させてくれる。
近年アニメBGMで凄かったのはやはり『おお振り』(2007年)かなぁ。

相変わらずグダグダになってきてしまう駄文スマソ…orz

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

お風邪長引いてる様ですね。お大事にしてくだしあ
今年のコンテンツはアニメにしろゲームにしろ悪くなかったと思います。来年はシュタゲプレイする事を目標にしたいと思います('A`)
今年も色々とお世話になりました。また来年もよろしくお願いいたします まずは健康からw

お気遣いありがとうございます。
今年も何かとお世話になりました。
来年がまたお世話なりっぱなしにならぬよう努めたいです。
シュタゲがアニメ放映されるまでには師匠がプレイ済みであることを願いつつ、
来年も宜しくお願いいたします。
プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト