--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-30(Wed)

レコーダーの中身の事はシラナイ…

モンハンやってる暇があるなら恋姫無双やってますよwww
こんばんは、無料期間だけやろうと思っていたモンハンが早くも飽きたMASHです。
クローズドベータの時みたいに経験値100倍イベントとかあればやってもいいかも。

そんなわけでモンハンよりカオヘらぶちゅちゅより実は『恋姫無双』の
方をジックリやってました。お陰で寝不足で寝落ちも屡々…
どうにかしておとボク2が届く月末までには終わらせたかったのよね。
だけど思いの外ボリューミィで結構やっちゃったわ。
連日プレイ出来たのはやはりこの作品が面白かったからには他ならない。
キャラゲー&ギャルゲーとして非常に面白かったです。
アニメも既に三期もやっていることからもその人気の高さは見て取れる。
アニメは凄い軽い気持ちで観てた。特に内容のない日常のドタバタコメディだったし。
だけどゲームやったらマジ乱世…

基本的に三国志に出てくる武将を女性化した作品。
主人公は普通の学生だったがひょんなことからタイムスリップしてしまう。
そこは三国志の舞台そのままの時代だったが知った名の武将は全て女性となっていた。

主人公は劉備的な位置付けなのか関羽、張飛ら蜀の武将の主となる。
董卓軍を倒し、遠紹軍を退け、曹魏、孫呉をも取り込んで最大勢力へと
なっていく群雄割拠の過程が描かれている。
武将の性別が女の子ってだけで戦はシッカリやります。
三竦み型の単純な戦闘パートも用意されてる。
主要キャラの死はほとんど無いが戦闘シーンの描写はかなり熱い。
基本的に皆返事は「応!」
普段の喋り方や戦場での口上などやはり基本武人なので皆漢です。
特に普段は飄々としている趙雲の戦場での口上は毎回熱いものがある。
見た目ロリっ子の孔明もマジ容赦なしで敵軍を追い詰める。
遠紹討伐の際に再三に渡り追撃を指示した所とか容赦の無さが戦場の
過酷さと熾烈さをよく描いている。
夏侯惇が左目を流れ矢で貫かれた時も、自軍の兵の士気が落ちそうと感じ取るや
否や、兵を鼓舞するために見事な口上で兵を奮い立たせ自らその目を喰らう
ところなどはその辺の『演技』より熱かった。
日本で言うところの戦国時代辺りの口上だが、この昔の言葉を取り入れ
武人のような台詞の書き方はかなりの知識が無いと書けない。
その辺、この恋姫無双を書いた脚本家は見事なまでに文語表現を
会得していて聴いていて耳に気持ちの良い台詞ばかりだった。
声優もアニメの声優と同じということでアニメを先に見ていたMASHでも
違和感無かったのも嬉しいところ。

あ、あと三国志に対する表記もかなりシッカリしていて
絶対に名前を「姓+名+字」で一度に呼ばせる事はしてなかった。
例えば関羽の場合「我が名は関羽雲長」と言うのは間違えで
名と字を一緒に言うことは無いんだけど、この作品ではその辺ちゃんと
「関羽」または「関雲長」と書いてあるのも好感触。

自分から名乗る時「姓は関、名は羽、字は雲長」
普段の名乗り「関雲長」
一般的な呼ばれ方「関羽」(姓呼び)
親しい間柄の呼ばれ方「雲長」(字呼び)

こういう基本がシッカリしてるのは何気ないことだけど嬉しかった。

まあ、上記のように戦闘の描写はかなり満足行きました。
その他に日常にスポットを当てたパートも用意されていて、
ここで各武人と親密になっていくイベントが用意されている。
各キャラ非常に魅力的に描かれていて話も戦場とは打って変わって
ドタバタで笑える話が多く、キャラの魅力に引っ張られてぐいぐい
プレイしてしまう。いやホント、どのキャラも良かったなぁ。
特に好きなのは馬超。
プレイ中にあまりに馬超が可愛いのでナリオに
「馬超が可愛すぎて生きるのが辛い…orz」とメールを打ってしまったほどw
もうこの可愛いのをどうにかして!
普段は体育会系男の子っぽくガサツなのに恥ずかしがり屋で意地っ張りで
「久々に萌えましたよ」「No way...」
その他、関羽、趙雲も最高に好きだったなぁ。
生真面目な関羽に飄々としている趙雲がからかっていつも関羽が怒っている
のだが、基本的に皆仲が良いんだよねぇ。
曹操は物凄くカリスマ溢れる存在で描かれているのも良かったし、
孫権も史実の人物と若干照らし合わせて性格付けされているのが面白かった。
孫策はこの作品では既に亡くなっていたが次作の『真・恋姫無双』では
登場するみたいなのでその辺にも期待したい。呉は胸が熱くなるな…
その他勢力では顔良が可愛すぎた。顔良はどう見ても文醜の嫁!
『真・恋姫無双』では登場武将が倍くらい増えているのと、
魏呉蜀3つの勢力の中から選んで違う話を進められるらしいので今から楽しみだ。
実は『真~』の方のレビュー見てかなりの高評価だったから興味持ったんだけどね。
ナリオが2つ持ってたのでどうせなら一作目からやるかということで
最近プレイしてました。『真~』からが恐らくこの作品の本領発揮かと。
確かにこの一作目は終盤の展開と締め方がイマイチ盛り上がりに欠けたかな。
もう少し分かり易く感動的な終わらせ方にしても良かったかもしれない。
その辺『真~』ではナリオからも「泣ける」シナリオと聞いているので
かなり期待している。

さあ、この勢いに乗って『真~』を始めるか、明日届くであろう『おとボク2』を
始めるか迷うところだよな… 最近ADVばかりやってるように思われるかもしれないが
全くもってその通りです。詰まらないADVはやってて眠くなるだけだけど、
面白いADVだと勢い付いて徹夜プレイになってしまうのは毎度のこと。
暫く箱○の稼働率が落ちそうだな。
しかし、この前少し合間にやった『COD:MW2』が予想通り神面白かったので
ちょびちょびっとやっていきたくもある。精神と時の部屋マダー?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト