--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-12(Sat)

CR随時参加者募集中!

俺の嫁 ~あなただけの花嫁~俺の嫁 ~あなただけの花嫁~
(2010/08/26)
Xbox 360

商品詳細を見る

当サイト第二回目チキンレースのお題に選ばれた不名誉なタイトル、
俺の嫁 ~あなただけの花嫁~』。
今回はレースの詳細ではなく、今自分がこのメーカー及びタイトルに対して
感じていることをつらつらと駄文ってみたい。

MASHは様々なメディアの創作物に対面する時、なんというか作り手側の視点で
物を観るような癖がいつの頃からか付いてしまった。
そういうのを世間一般的にオタクって言うのかもしれないけど、
そんなことは実は誰しも少なからず抱いている感情であると断言しておきたい。

例えば映画を観て「面白かった」の感想しか言わない人でも、その映画の
どこが面白く評価すべき内容であったか理解した上で「面白かった」と感じている
のであって、深い浅いの違いはあるにせよその作品に対して考えて導き題した
正当な「評価」だ。その面白かった要素を深く分析し解明しようと思うのが
所謂“オタク”であり、“評論家”と言われる人たちなのだろう。
今でこそ“オタク”という言葉が一般的に使われるようになり
「オタク=偏愛者」みたいに思われる風潮があるが、そういった人種は昔から
居たし、別に珍しくもなんともないんだよね。

あー、なんだか無駄に前置きが長くなったけど、何を言いたいのかというと、
MASHなりにこの『俺の嫁』について「もっと面白く出来るだろ?」という
制作者側に対する要望とも非難ともとれる意見を以下綴る。

まず、自分なりに女の子を好みに設定出来るというのが売りらしいが、
設定で変更出来るのが「名前と声だけ」というのが弱い。
3人のキャラデザを採用したことでバリエーションを持たせたと思っているのだろうが、
逆に観ればデザインの統一感が無く、返って薄っぺらく映る。
自分がゲームデザインしたとするなら、女の子全体のデザインをプレイヤーが
自由にカスタマイズ出来る形を取るだろう。
身長、髪型、目鼻口のパーツ、性格付け、全てだ。元より幾つかのテンプレを
作っておくことでこの辺りのシステムは容易に用意出来る。
それが出来ないってのならアスキーのツクール以下だ。

今作で一番残念に思うところはここかな。女の子のデザインが自由に出来ないところ。
しかも1キャラに性格も固定されていてプレイヤーがカスタマイズ出来るのは名前と
音声二種のみ。流石にこれでは売りにはならない。むしろ弱すぎてマイナスに映る。

近年素晴らしく出来の良かったギャルゲーで『ラブプラス』があったけど、
まさにあのようなシステムをこのゲームには採用すべきだったな。
『俺の嫁』とタイトルに銘打ってる割に「俺の嫁」にしたくないキャラばかりじゃ
仕方が無い。嫁は飽くまでプレイヤー色に染まっていってこそこのタイトルが
活きてくるんじゃないか? ギャルゲーの祖KONAMIのギャルゲーを久々にプレイしたが、
やはり「隙がない」のである。それに比べこのアイデアファクトリーのいつもながらの
隙の多さときたら… 只の1ゲーマーでしかないMASHに開発段階でここまで言われる始末
だからねぇ。プランナーもっとシッカリしろよ。もっと面白く出来るハズだよ。

こうやって他人の作品に対しては思いっきり粗が探せますし、言えます。
それはどこまでも客観的になってるから言えることでユーザーが持ちうる
当然の権利です。でもこれが作り手側に回ると一気に見えなくなってきてしまう
ことも多いということも今までの自分の行動からも承知している。
つまり、物創る側の人間は常にユーザーの視点に立った客観的な物の見方を
忘れてはいけなく、決して自分の作品をその場で上に評価してはいけない。
自分で作ってて「面白い」と思った瞬間その作品は他の人にとって「詰まらない」
作品になることが多いということを忘れてはいけない。
いつでもどこをどうすれば「更に面白く」する事が出来るか追求していくのが
物創りをする人間にとっての使命であるとMASHは常々思ってます。

そんな自分だから、他人の創作物に対しては色々思うし考える。
その思考の初めにはまず「自分だったら」という概念が来ていて
その時点で相手の思考と自分の思考を別物として捉えている。
つまり、何かを評価するということはいつでも自分の価値観と
他人の価値観のぶつかり合いということで、十人十色、その評価は
千差万別。だから他人の評価は気にせず、自分の想うところを
貫き通せば良いし、それが正しい物の見方だと思う。

えーと、だから、ね?
MASHがあーだこーだ言ったとしても、少しでもこのタイトルに感じるところがあれば
「チキンレースに参加すればイイジャナーイ!!」
ということでした。当サイトの駄レビューも勿論信用しちゃダメ。
飽くまでそれはMASHという一個人のダベリに過ぎないのだから。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト