--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-18(Tue)

邦題がダサいけど傑作

こんばんは。親父殿が『96時間(原題『TAKEN』)』のBDをレンタルで借りてきたので
一緒に観てたMASHですベッソン。

昨年公開され親父は劇場に観に行って面白かったと言ってたけど
自分はまだ観られてなかったのよね。制作・脚本がリュック・ベッソン
ということだったので今回観てみた。
仕事の為、家庭を顧みられなかった父親が離婚後も娘を溺愛していて、
その娘が旅先で誘拐されてしまう。
だが、父親は元CIAの隊員で特務工作のプロフェッショナルだった。

娘を助けるため昔のCIA仲間に協力を仰ぎ、どんどんその娘をさらった
相手に迫っていく様が無茶苦茶スピーディーかつスマート。
音声や視覚的特徴だけで犯人を特定したり、その場の状況から
犯行当時の現場をトレースして直ぐ次の行動を起こす。
この脚本の疾走感とアクションの見事なまでの融合はベッソン作品ならでは
の味わいがある。いやぁ、実に久々に良い作品を観ました。

最初から最後まで息をつかせない展開でアクションシーンも豊富でいて
シナリオ運びも巧い。間違いなくMASHの中で殿堂入り映画となりました。
昨年面白かった映画では『WANTED』くらいかなーと思っていたので
まだ観てなかった作品で傑作に出会えて本当に良かったです。
流石は我が愛すべきベッソンだな! 所々にちょっと笑えてしまうような
ユーモアあるアクションが入っているのもらしいね。
主演のリーアム・ニーソンも渋くて最高に格好良かった。

そういえば今度観に行こうと思ってた『第9地区』の公開が近場で
一斉に公開終了していた…
結構周りの評判良かったのとB級臭むんむんだったのとで是非観に
行きたかったんだけど、もう東京出ないと近隣ではどこもやってない。
まだ公開されて一ヶ月くらいっしょ? 終了早くね?
そりゃ長く上映しそうなタイトルじゃなかったけど、ねぇ…
どうしよう、レンタルまで半年以上待てない。出るか、東京!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト