--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-04-10(Sat)

エロとか抜きで全然おk!

続き? そうでもあるがぁあーーー!!

原作のゲームブックにはキャラ設定は書かれているものの、
特にストーリーというストーリーは無いんだよね。
巻末2ページでキャラ同士の掛け合いが少し台詞で書かれてるだけで。
キャラの設定はクイーンズブレイドOHPにて本書と同じものが掲載されてる。
現在漫画は3作品出ているが全作通してキャラはこの設定から外れるところは
少ないのでどの作品からも安心して読める。
クイーンズブレイド?流浪の戦士 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)クイーンズブレイド?流浪の戦士 (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/02/23)
吉川 かば夫

商品詳細を見る

■『クイーンズブレイド 流浪の戦士』著:吉川かば夫
・主人公:レイナ
・ストーリー:全3巻完結。レイナの成長とQB本戦終了まで
・メインキャラ:レイナ、リスティ、メローナ、アイリ、クローデット

作画は線もシッカリし、トーン配分も上手く、アクションではダイナミックな構図と
どこを取っても上手い。三作品の中では一番好きな絵柄。
成年漫画の時からアクション性の強い作品が多かったなぁw
公式的にはアニメ版のコミカライズということだが、内容はほぼ別物。
一緒の所はリスティに盗みに入られそのままレイナがくっついて旅に出てしまい、
最後にQB本戦で優勝するところくらい。
そして敵役のメローナがいつも殺る気満々でアイリとのコンビで毎回挑んでくるのだが
どこか憎めない役でその絵柄もあってかキャラが皆とても活き活きしている。
最後は優勝したレイナがクローデットに王座を譲り、クローデットが女王となった
ところで話は終わり、原作新章の『QBリベリオン』へと繋がるよう終わらせてあるのも
好感が持てた。ちなみにレイナが元々長髪で途中髪を切るシーンがあるのは
この作品とアニメ版だけ。やっぱ元から長髪という設定じゃないとあの髪型には
違和感あるよね。あとデコ率も低めw
アニメ版同様レイナはリスティさんの事が好きすぎる。

クイーンズブレイド -Hide&Seek- (1) (角川コミックス・エース 201-1)クイーンズブレイド -Hide&Seek- (1) (角川コミックス・エース 201-1)
(2008/06/26)
ホビージャパン南崎 いく

商品詳細を見る

■『クイーンズブレイド -Hide&Seek-』著:南崎いく
・主人公:エリナ
・ストーリー:4巻以下続刊。エリナのレイナ追走劇と貴族と平民の格差社会
・メインキャラ:エリナ、エキドナ、ユーミル、フロレル(従者)、クローデット

絵柄では一番好きではないけど、話はかなりシリアスな部分も多いため
結局は面白く読めてる作品。少女漫画出身なのか、老若男女の描き分けが
全然出来てない絵柄でむさいオッサンの瞳までキラキラしててキモイ。
吹き出し以外の部分に台詞書きすぎで画面がうるさい感じを受ける。
だが他のQB作品より貴族と平民の間の格差が色濃く作品に反映されていて
しかも主人公が嫌な貴族を絵に描いたような我が儘お嬢様のエリナなので
それも相まって貴族と一般人の思想や価値観、概念の違いがハッキリと
描かれているのが好感触。主人公だからと、敢えて贔屓目に書かず、
ちゃんと嫌な貴族としてエリナを描いているのが良いね。
作中では一番読者の好感度低いキャラなんじゃないかな? そうなら成功だね。
この漫画も同様レイナはリスティさんの事が好きすぎる。
だからエリナは相当なヤンデレキャラになってます(元からだけど)
ほんと、どんな主人公だよw

クイーンズブレイド ストラグル 1 (1) (電撃コミックス)クイーンズブレイド ストラグル 1 (1) (電撃コミックス)
(2009/03/27)
ホビージャパン

商品詳細を見る

■『クイーンズブレイド ストラグル』著:ASTROGUYⅡ
・主人公:短編形式
・ストーリー:2巻以下続刊。毎回各キャラにスポットを当てた外伝方式

絵柄は直線的な主線が特徴でトーンやベタも少なめで画面全体白い印象を受ける。
サッパリしてると言えば聞こえは良い。
この漫画だけレイナとリスティは共に行動してません。
一話読み切り型だから仕方ないけど。毎回誰と誰がバトルする短編で、
今作では珍しくナナエル対メナス戦があるんだけど、シリアスなメナスが
観られるのは今作だけなんじゃないでしょうか? アニメの声優が後藤(強)と
いえば本来のキャラ像がどういったものか察しがつくはずw


とまあ、こんな感じですかね。
アニメで各キャラに関してちょっと言い足りなかったところを補足。
これらの作品の中でクローデットのレイナに対する想いが一番よく
語られているのがアニメ版。前期から後期にかけてクローデットの
エピソードはかなり多目に挿入されてくる。あの様な人徳のある人が
『QBリベリオン』でなぜああも豹変してしまったのか興味深いところでもある。

で、アニメ、漫画とも最強のサブキャラはやっぱりエキドナさんでした。
もう、強くてエロくて格好良くて、あれなら女でも抱かれてもいいと
思ってしまうかもしれない。そんなダンディー。
全作品においてエキドナの役柄が非常に重要なポジションにあって
作品毎に立ち位置が違うのもまた面白い。あの存在感は凄いわ。

う~ん、いつどこでMASHさんはクイーンズブレイドにハマったのか
全く思い出せないのだがこれだけ楽しめているのだから問題ないな!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト