--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-07(Sun)

目からサイコフレーム

UC00.jpg
『機動戦士ガンダムUC』のブルーレイは既に予約済みの
wktkが止まらないMASHですミネバ様!

久々のU.C.ガンダムということでもう滅茶苦茶楽しみにしてます。
ガンダムデザインも久々のカトキハジメ神なのでもう最高かと!
そんなでHGUCユニコーンとデストロイモード、発売日にゲットして組んでて、
最近ようやく完成した。HGのくせにかなりパーツ細かかったね…
UC01.jpgUC08_20100207143443.jpg
ユニコーンモードとデストロイモードの身長差もシッカリ再現されていて
約2㎝全高が違います。デストロイモードはνガンとほとんど同じ全高なんだけど、
細身のユニコーンとマッシブなνだけに、見比べるとνの方がデカく見える。

UC02.jpgUC03.jpgUC04.jpg
完璧なカトキガンダム。カトキ立ちさせて極まるのはやはり絶妙な
カトキバランスの成せる業なんだろうなぁ。あのお方は変形機構とかまで
自身で製図してデザインするからマジで神掛かったデザインになる。

UC05.jpgUC06.jpgUC07.jpg
全身にサイコフレームを仕込むなぞ、正気の沙汰とは思えない。
最初のユニコーンモードのデザイン見た時「あれ?ガンダムは!?」と
驚かされ、そして全身が変形してガンダム形態になった時は更に驚いた。
こんな変形ギミック考えられる人はそう居ないんじゃないか?と思わせる
くらいとても複雑な造形と変形機構になってる。バンダイもよくHGで出してくれた。

UC16.jpgUC17.jpgUC18.jpg
ユニコーンモードにのみ左右の平手、バズーカ、ビームサーベル刃2本が付属。
バズーカは差し替えで伸縮出来、背中にマウント可能。

UC14.jpgUC15.jpgUC19.jpg
デストロイモードにはビームライフルが付属。サーベルの刃も付属してないので
ビームトンファーや四刀流を再現するにはユニコーンモードや
他のキットから持ってくるしかない。出来れば刃2本くらい付けて欲しかった…
ビームライフルもバズーカ同様背中にマウント出来、ユニコーンの武装と合わせれば
フル装備状態も再現出来ます。

UC09.jpgUC10.jpgUC11.jpg
この為だけに電撃ホビーを買ったという付録としては出来が良すぎた
1/48スケールユニコーンガンダムのヘッド型ディスプレイスタンド。
頭部だけ墨入れと塗装しました。首から下は飽くまでスタンドベースということで
敢えて塗装してません。つかもう一個買っておけば良かった~。
一部差し替えだけど、かなり凄い機構で頭部の変形を再現してます。
ユニコーンフェイスが下がり中からガンダムフェイスが迫り出してきて、
その内側に上手い具合にユニコーンフェイスが収納されます。

UC12.jpgUC13.jpg
首は2軸構造で上下左右にフレキシブルに可動。
「く」の字スタンドは関節部を差し替えて角度を調整出来ます。

ユニコーンモードのサイコフレーム部分の分割線にピンクで墨入れした
変形寸前の状態も造ってみたくなる程良キット。
構造は肩や首などHGUCのνガンと同じ部分が多い。
肘や膝も似ていて、デザインの制約上90°くらいまでしか曲がらない。
だが、素立ちだけでも映えるデザインと存在感なのと、
ほぼ分割線でパーツが分離構成されている為、素組みでも十分観られる。

ゲーセンの『ガンダムVSガンダム』でも専らユニコーンとダブルオーライザーしか
使わないMASHではありますが、このデザインが好きならお勧めです。
MGユニコーンはPG並みのパーツ量で造るのが大変と思ってた人も
このHGUC版ユニコーンなら変形機構をオミットしてるだけあって、
簡単に組み上げられるのも良い点かと。お美事で御座いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト