--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-30(Sat)

貴女こそ、エルダーだ!

「あとよォ…『読もうかな?』なんて言わないんだぜ、俺達の世界じゃ……

 なぜなら『読もうかな?』って思った時にはすでに行動は終っているからだッ!!
 『読んだ!』なら使っていいッ!! 
 いいか、こうやるんだッッ!! 」

  ダン!(尼カートにダンク)
  ダン!(尼箱のお受け取り)
  ダン!(尼箱開封)

「よしッ! 『読んだ!! 』」

おとボク小説
ん。『おとボク』の文庫版が出ていることを知ったので早速読んだMASHです。
著者が原作と同じ蒿夜あや氏でイラストも同作者ののり太氏だったので即買い。
ゲーム本編のノベライズではなく、完全なアフターストーリーとなっていて
原作ファンからすると確かな満足を得られる一冊となっていた。

話の軸はゲーム版に準拠していて各個人の個別ルートで有った話も過去の出来事と
して挿入されてくるので、ゲーム版の全ルートをこなしていると、
本書を読むに当たって理解がより一層深まると思われる。
基本的に君枝さんが生徒会長兼エルダーだったりするので貴子さんエンドの
その後と捉えてみても良いかもしれない。

今作の主人公は瑞穂ちゃんではなく、奏が二年に進級し、新入生として入寮してきた
男勝りな女の子、七々原薫子の視点で主に語られていく。
原作では女の子みたいな男の子の瑞穂ちゃんが主役だったけど、
小説版ではそれと真逆な立ち位置の薫子の存在はとても面白く思えた。

薫子の他にもう一人初音という気の小さい新入生が入寮してきて、
それぞれ、薫子は奏の、初音は由佳里の“妹”となることに。

話の展開は焦点を個別の人物に当てたエピソードが幾つか連続する形をとっており、
薫子だけでなく、初音と由佳里の話、君枝さんら生徒会役員の引き継ぎの話、
薫子たちが進級した時に転入してきた変わり者の外国人新入生の話など多岐に渡る。
そのような出来事の中で薫子は奏だけでなく色々な人々と触れ合い
様々な「優しさ」に触れていくことになる。

作者が後書きでも言っていたが、やはりこの作品は「優しさ」をテーマに創られた
作品で正しかった。小説版も原作の持つ優しさに溢れた雰囲気を十分に保っていて
存分に楽しむことが出来た。この『おとボク』の原作者にして著者の蒿夜氏は
しっかりゲームと小説の文章の書き方を巧く使い分けが出来る方で、
小説においては氏の筆力が十分に発揮されていて思い切り堪能出来た。
ラノベにしては表現が豊かで、女性作家らしい優雅さも感じられ
今まで読んだラノベとはまた一風変わった作風だった。
お美事で御座います。

乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール (ファミ通文庫)
(2007/12/25)
嵩夜 あや

商品詳細を見る
つか、尼のレビュー高評価多すぎ!
自分もそのような評価をさせて頂いた一人でもあるわけですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト