--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-20(Wed)

だいたいこれぐらい

wiiで発売されるタイトルで気になっていた『斬撃のREGINLEIV』の
開発元がSANDLOTだったということに最近ようやく気付いたMASHです。

SANDLOTと言えば『地球防衛軍』シリーズでお馴染みで、
MASHの大好きなソフトハウスの一つ。
DSで『超操縦メカMG』を2006年に出して以来、全く音沙汰無かったので
実に4年振りのタイトル発表だ。
『斬撃のレギンレイヴ』ではオンライン4人同時プレイも可能となっており、
『防衛軍3』では実装されなかったオンラインプレイを実現させてきた。
これは『防衛軍』の新作が出るとしたらオンラインモード搭載が
大いに期待出来そうだ。
『レギンレイヴ』も最初見た時から、なんか惹かれるところがあったのは
それがSANDLOTの作品だったからというのが大きいのだろう。

相変わらず「敵が巨大」「敵が大軍」「多種の武器」などSANDLOT作品での
持ち味は変わっておらず、基本的にここの出す作品はどれも似通っているのが多い。
しかも画面インターフェイスなんてまんま防衛軍と同じじゃねーか!w
それに物理エンジンも見た感じまた同じの使ってそうだなー。
「使えるモノはいつになっても使う」っていうSANDLOTの心意気が好きw
wiiということで攻撃がリモコンによる斬撃アクションになるようだが、
普通にwii以外のハードでも遊んでみたいタイトルだ。
この作品で培った技術を是非『防衛軍4』に回して欲しい。
まずは『レギンレイヴ』が売れてくれることを願うばかりだ。

あと、PVの第二弾が滅茶苦茶好きなので貼り貼りw

こういうアホテイストなPVが作れるメーカーは良いメーカー。

誤解の無いよう、最新のまともなPVも貼っておくことにしよう。

もうコレの移植でもいいから箱○でSANDLOT製のオンゲーを早くやりたいぜ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト