--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-26(Sat)

∞ピュア鉄山靠でトドメを刺す悦び

ジュネンハヤインダヨ!
『ベヨネッタ』が面白すぎて4周クリアしてきたグッボーイ、MASHです。

難易度ノーマル進行と同時に攻略していったアルフヘイムが私的に一番大変でした。
武器が揃って無い状態での攻略だったのでほとんど縛りプレイに…
∞クライマックスクリアした今なら武器も大分揃ってるのでまた違った攻略法が
見えてきそうです。その内ノーマルで全プラチナ獲ってジャンヌさんを使えるように
したいですキャージャンヌサーン! ジャンヌさんのバイクマジイケメン。

そんなで、最高難度の∞クライマックスもサクサクっとクリアしてきたわけですが、
死亡率はかなり上がってた。チャプター評価もストーン多かったしね。
でも大体は同じ箇所での死亡が目立った。QTE失敗とかハマると連チャンで死んだり…
最後のビッグバンパンチにハマって5回以上繰り返した時が一番ムカついたw
で、今回はMASH流ベヨネッタのオススメスタイリッシュバレットアーツ特集!
道中もかなり敵が強化されていて他の難易度よりダッヂオフセットでコンボを
繋いでいかないと凌げない場合が多かった。
敵の攻撃速度、攻撃頻度、威力、全てが上昇しているのでちょっとやそっとの
コンボでは倒しきれない。∞クライマックスでは装備はほとんど固定でした。

A装備:腕に修羅刃、脚にドゥルガー雷
B装備:腕にバジリオンズ、脚にキルゴア中佐
アクセサリー:悪因悪果の数珠、長の証 (永遠なるマリオネットは使用せず)

難易度ハードまで使ってたマハーカーラの月は∞では敵の動きが速すぎる為、
カウンターのタイミングが取りづらいので外し、補助系の長の証に変更。
ウィッチタイム(以下WT)が発動しない∞なのでセレーネの光も外し
悪因悪果の数珠に変更。長の証で常に魔力ゲージが2個充填されるので相性良し。

ハードまではクルセドラやオデットなども場面に合わせて使っていったのだが、
∞では全く使用せず。上の装備でほぼ固定。

上の装備での基本戦法とコンボ。
下位天使相手では多少ダッヂオフセットの回数は増えるものの、今までとさほど変わらない
戦法でやっていけると思う。だが蟹や犬、盾などの上位天使は発狂したかのように
勢いよく襲いかかって来て隙も少ないので出来るだけ一度のコンボで大ダメージを与えたい。

まず乱戦時。
蟹4匹と一度に戦う場面など避けに専念する場合が出てくると思う。
だが、ダッヂを一定時間内に5回使用してしまうとベヨネッタがジャンプし
無防備状態のまま落ちてくるというペナルティが発生してしまう。
そこでダッヂオフセットを含めた回避、連携技が必須になってくる。
乱戦時に長いコンボを決めるのは中々厳しい場合が多いので兎に角敵との間合いを
取り、その間合いでどんなコンボが決められるか考える。
間合いの取り方として有効なのがビーストウィズイン。
ただRTRTで逃げるだけでは詰まらないのでRTRTPと連続入力。
すると、ビーストに変身した瞬間大きな爪攻撃が繰り出され、その後また変身出来、
その繰り返しで回避と攻撃を繰り返しながら確実に相手を削れる。
相手の攻撃が来た時もRTを2回入力してることもあり、悪因悪果の数珠の効果が
発揮される確率も上がる。悪因悪果の効果は大ダメージと共に敵を大きく仰け反らせるので
仰け反ってる隙にビーストモードで間合いを取り仕切り直すのには持ってこいだ。

次に勝負コンボ(A装備時のみ。B装備に切り替えは無し)
PPPKKで最後のKが足払いになり、相手を転ばすことが出来る。
勿論PPPKKを出す間に間合い取りも兼ねてダッヂオフセットを数回挟む事が多い。
転ばした後、本来ならお仕置きしたいところだが、お仕置きで与えるダメージは
たかが知れてるのでお仕置きコマンドが出ない位置まで少し下がり、
PPKP or PPPKPのコンボの最後のPがウィケッドアッパーになるので敵を空中に上げる。
ジャンプで追撃し敵との位置が離れすぎてしまってる場合はRB→Pのスティレットで
距離を一気に詰め、空中PPPPKのKが踏みつけウィケッドなのでまた地面に叩き付ける。
大体の敵は有る程度ここまでで倒せてしまえるが、耐久力のある犬などは
更に倒れてるところに追い打ちを掛ける。足払いで転倒させられない大型な敵は
PPPKPでいきなり空中に上げるも良し。

あと、攻略wikiにも載ってたバランスブレイカーなコンボ。通称百烈中佐。
上記のA装備のPPPPKで最後のKが脚ドゥルガーによる百烈キックになるので、
Kを押してキックが出た瞬間B装備に切り替えると百烈キックのまま
キルゴア中佐が連射されるという世にも恐ろしい最凶コンボが発動する。
大型の敵でもこのコンボを根本から入れればこのコンボのみで倒せてしまえる。
ボスにも勿論有効で速攻に相手のHPを削りたい場合などに滅茶苦茶有効。
だが先述したようにバランスブレイカーになりかねないので多用は控えたいコンボ。
ドゥルガーは炎と雷属性をLS一回転で切り替えられるけど、攻撃速度の速い
雷がこの技の場合オススメ。特に蹴りを当てるわけじゃないので炎は不要。

あとは、敵数が少なく、コンボの繋ぐ時間に余裕があるようならボタン長押しを
所々に織り交ぜていけば更にコンボの威力も増してくる。
特に脚ドゥルガー雷のK長押しは広範囲のプラズマを発生させ、仰け反り効果もあるので
隙あらば使って行きたい技の一つ。修羅刃はそのまま振っててもリーチ有り、威力有り、
速度早いしで、脚ドゥルガー雷との高速コンボの相性が非常に良い。
この辺分かってくると序盤で使ってたPKPとかほとんど使わなくなってきて、
如何にコンボを繋げて稼ぐかに焦点が当てられるようになり、戦闘の幅に広がりを
見いだせるようになってくるだろう。

まとめると
・回避だけのダッヂは可能な限り使わない。ビーストかオフセットで繋いでいく。
・相手の隙を作ることの出来る技、コンボを覚える。
・コンボが最後まで無理そうだと思ったら早めの内にダッヂオフセットで繋いでいく。
 PPPKK中、場合によっては間に2、3回ダッヂを入れる事もあります。
 ∞はまず1回のダッヂだけでは高威力のコンボに発展しない場合が多い。

こんなところでしょうか。
あと各Verseでピュアプラチナが取れそうな時は鉄山靠でトドメを決める!コレ!!
自分だけのスタイリッシュ&素敵なサムシングを見つけよう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト