--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-04(Wed)

ageとか好きだからーッ!!

『よつばと』9巻が11/27に発売みたいですね。
既に一年に一冊出てないペース?
でも再読性が強く、読む度に笑えるので『よつばと』に関して言えば
それほど刊行ペース早くなくてもいいかなと、許せてしまえるクォリティを
毎回保っててくれているので寛容にもなれるってもんです。

こんばんは、毎日寝る前に必ず何かしら書物を読むことにしてるMASHです。
ほとんどは随筆が多いけどね。この前は三ヶ月掛けて文庫版ブラックジャック
全17巻を読み返してたりしてた。漫画も勿論読みます、押忍。

今なんとなくブッコフでまとめ買いしてきた『マブラヴ』の小説版を読んでたり。
何年振りだ?マブラヴを最初からまた見ることになるなんて…
ゲームは当初2001年に発売予定だったのだが、『君が望む永遠』の制作もあり、
2003年に発売されることとなったマブラヴ。しかし、それは完全版ではなく
最終章が語られるのはそれから3年後の2006年に発売される『オルタネイティブ』まで
持ち越されることとなる。制作期間約6年、制作費に数億円を投じたPCゲームなぞ
多分金輪際でないのではないかと思うなw
今考えてもやっぱageは色々な意味でバカだな…

小説は全7巻でゲームと同じように全3章からなる。
第一章EXTRA編が1、2巻。
第二章UNLIMITED編が3、4巻。
最終章ALTERNATIVE編が5、6、7編。

内容もかなり端折りながら書いてるのに、最終章の三冊なんて、すごく、分厚いです…
それ程元のゲームのテキスト量が無駄に多いってのが解るなw
今、学園編であるEXTRA編の2巻まで読み終えたけど、6年前にやった内容なのに
かなり鮮明に覚えてたわ。小説に書かれてる台詞はほぼ原作と同じなので
読んでてその場面の画面まで思い浮かんでくるね。ほぼゲームのテキストと
同じ内容なんで小説家余り仕事してねーなー、とも思えるけどw

でも、2巻の学園編のラストは完全オリジナルになってて、かなりご都合主義で終わる。
ゲームだと純夏か冥夜のどちらかを選んだ時点でエンディングだしね。
その辺りは上手くまとめられていて興味をそそられた。

今3巻を読み始めたところだけど、やっぱUNLIMITED編はグイグイくるな。
当初『マブラヴ』という作品は「超王道学園アドベンチャー」としか紹介されていなく、
誰もが単なる学園ラブコメADVだと思っていた。が、実際発売されてみると、
その内容は二部構成になっていて、一通り学園編を終わらせるとタイトルに
「UNLIMITED」という項目が追加される。初め「なんだコレは?」と思ってやってみると
別世界のロボット物の話が始まった。これには度肝を抜かされた。
メーカー側もよくもここまで情報を隠蔽出来たもんだと感心した程だ。
結局制作も間に合わなかったのか、そのUNLIMITED編も決着が着かず終わる。
それから3年越しに発売された続編(実質的には最初のマブラヴに含まれるはずだった内容)
マブラヴ・オルタネイティブでシナリオ的にもユーザー的にも全ての決着が付くのだが、
相当長い軌跡を辿った作品だった。
今こうして小説で改めて読んでもやはり引き込まれる面白さがあるな。

ageと言えば『君が望む永遠』で爆発的に有名になる前からいくつかゲームは
やったことあって私的に好きなメーカーだった。最初にやった『化石の歌』なんかも
珍しくのめり込んでコンプした作品だった。
で、『君望』のデモ版が配信され、誰もがあのOPの演出で衝撃を受けそのまま
製品版を購入決定する運びとなったw あのデモは反則(販促)すぎた…

それからというものageは『君望』と『マブラヴ』の派生物しか作ってきていないが、
それ故二作品の人気の高さが伺えるというものだろう。
MASHは勿論君望も大ファンで当時ageファンクラブの第1期生だったほどだw
かれこれ10年近い付き合いになるタイトルである。

ここまでが前置きです。
最近になって知ったことで懺悔しなければならないことがあります…

こんだけ長い付き合いなのに水月の声優がちあキングだったということを
最近になって知りました!知らなくてゴメンナサイ!

いやさ、実際MASHめが「たかはし智秋」の名前を知ったのがアイマスからだったのよ。
水月の声優と言えば「石橋朋子」ってすり込まれていたしね。
そしたらさー、キングって仕事によって毎回名前変えてるその筋ではかなり
有名でベテランな声優だったのね… ホント、コレ知ったとき驚いたわ。
今まで君望はTVアニメとかでも全部見てたけど、そんな頃からキングの声聴いてた
なんてね… あんな演技まで聴いてしまっていたとは、なんだ、その、困る…

ageの「きみのぞラジオ」の中で石橋朋子が声優引退するとかいう企画があって、
その後釜でたかはし智秋がレギュラーになったんだけど、アレもメーカー側の
ヤラセ企画だったのね… そんなこと知らずにMASHは全年齢版から水月の
声の担当になったキングの声を聴いて「キングって石橋朋子の声にソックリだな~」
とか、呑気なこと思ってました!そりゃソックリなはずだよ!本人だよ!
実際よく聴いてみると水月の声って普段のキングの地声に近いね…
あずささんの声があの人の中で特殊なんだよ……orz

ナリオに聞いてみると普通に「知ってるよ」、と。言えYO!
俺ってそういう声優の知識全然ないからなー。特に最近の声優は全然分からん。
ガキの頃から洋画ばかり観てきたので吹き替えをよくやる声優さんには詳しいけど。

まあ、なんだ、キングは声優としてかなりの大物だということが分かりました。
大好きだった石橋朋子が声優辞めた時はショックだったけど、まさか
こんなことになっていたなんて、ね。自分の無知が憎い…


そんな水月はマブラヴでも大活躍ですよっと! 終わるッ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト