--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-26(Mon)

[PROTOTYPE]を今更ながらにやってみた

今年6月に発売された[PROTOTYPE]を先日ようやくゲットしてからというもの、
猿のようにハマりプレイしてたMASHです邪気眼。

コレは、俺がプレイせずに誰がプレイするんだ?と言うほどのMASHがダイスキな
箱庭アクションゲーだった。ゲーム性を例えるなら『ライオットアクト』と
『アサシンクリード』を足して更にダイナミックにした感じかw それ程ド派手。
結局日本版が発売されることは無かったけど、残酷描写だけで発売出来なかったという
理由だとしたら非常に勿体ない作品だな。そのような表現規制の為のレーティングなのに
何故日本はここまで厳しいのかね。ちなみにレーティングはM(マチュア)でCEROで
言うところのZ区分。人体破損の表現や実写を含むちょっとリアルな表現多し。
だけど作品のキモとなる部分は爽快なアクションなのでそう言った所はそれ程気にせず
プレイ出来る。どんなアクションかというと次の動画を観て貰えれば一発で解るかと。


プレイスタイルによってはステルスアクションにも、無双ゲーにもなる。
基本的に主人公が超人でチート過ぎるので怖いモノ無しです。
経験値を溜め、新しい技をアンロックさせどんどん人間離れしていく主人公は
ストーリー運びと合わせて見ると、成程と思えてくる仕様になっている。
これだけ多彩なアクションが有るのに操作性は最高レベル。
全然ストレス無くこれらのアクションを瞬時に切り替え暴れられる。
ロードが全くないシームレスな作りになっているのもこの様な箱庭ゲーにとっては
重要なところだね。舞台はNYのマンハッタン全部です。それを自由に走って
飛び回ることが出来、しかも高所から落ちたとしても全くの無傷なので
ライオットアクトより無敵っぷりに磨きが掛かってますw

主人公の能力として変身能力があり、全ての人物を吸収しその人物になりすませます。
街歩いてる全員の姿になれるので爺さんの姿で激しいパルクールをする姿とかは
かなりシュール。
この作品においてこの“吸収変身”というのが物凄く重要な要素になっていて、
HP回復手段にもなっており、難易度によってはかなりの数の人間を餌として吸収する
ことになる。軍人姿のままならば警戒されずにタンクに乗れたりと、使い勝手が良い。
だが、左下のメーターが黄色の時は周囲の誰かに見られている状態なので、
この時に派手なアクションは起こせない。警戒されてる時に吸収したり変身したりすると
軍が出動してきます。所謂GTAの☆マークみたいなもんですね。
そのまま壊滅させるもよし、逃げ切るも良し。
人目の付かないところで“切り替え”アイコンが表示されるのでその時に変身すれば
事態を無事収拾することが出来ます。この辺の親切設計も見事。

現在やるミッションの内容は右下に「何々をやれ」って表示され、スタートボタンを押せば
いつでも再確認出来るのでプレイしていて迷うことはない。
非常に簡単な英語表記なのでレーティングから考えればまず迷う人は居ないだろう。
例えば「戦車部隊を壊滅させろ」ってミッションがあるんだけど、普通にそのまま
攻撃して壊滅することも勿論可能なんだけど、兵士に化けて一台一台乗り込んで行くと
誰にもバレずに戦車を無効化することが出来る
(戦車に入った時点で中の人は取り込まれている為)
初回のプレイ時には気付かなかった攻略要素だったが、難易度ハードではかなり使ったわ。
ハードだと敵がえらい固くなるので無益な戦いは出来るだけ避けるようにした。
というか、全難易度をプレイしてしまった作品も久々。
それだけMASHが猿モードだったということw

難易度ハードでちょっと難しかったミッションを以下紹介。

THE WORLD SET FREE
BLOODTOX PUMPERをタイムズスクウェアまで護衛するミッション。
最初からヘリ奪って行ったんだけど最後のヒドラ4匹出る所で毎回BLOODTOX PUMPERが
瞬殺されて何回もやり直した。最終的にはヘリでヒドラたちの真ん中まで突っ込んで
自分に注意を引きつけながらロケラン乱射で倒した。このやり方も運が相当絡んできて、
ほとんどの場合ヘリが瞬殺されます。ヒドラが投げてくる投擲物を上手い具合で
ロックオンして落としたりしながら最後にはヘリ墜とされることなくクリア出来ました。

THINGS TO COME
ここは難易度ノーマルでもキツかったけど、ハードだとタンクが配置されないという
極悪ミッション。まあハードだと敵が固いのでタンクでも余り役に立たないだろうけど。
最後のリーダーハンター2体、ヒドラ2体をBLOODTOX PUMPERを護衛しながら
倒さなければならない所がヤバかった。取り合えずヒドラ2体は取り巻きの兵士が
注意引きつけてくれるんで放っておいても大丈夫そうだったので、リーダーハンター2体を
最初に相手にすることに。兎に角BLOODTOX PUMPERに近付けないように
常にリーダーハンターに攻撃を当て注意を引きつける。だけど並みの攻撃じゃ固すぎて
全然効かない。そこでGROUNDSPIKE GRAVEYARD DEVASTATORの出番ですよ。
チェックポイントからのミッション開始時に周囲の兵士を吸収しまくりCriticalMassを
使える状態にしておき、リーダーハンターが出てきたらぶちかます。
HPが減ったらまた吸収し超秘の連続。これでも4、5回は繰り返したかも…
HPが極限まで減ったとき一度だけCriticalMassが使えるREGENRATE BOOSTの
能力と合わせながら最後は倒していった。相当キツイ。それからヒドラは周りの感染者を
取り込み回復を図りながら順番に倒していった。もうハードではやりたくないミッション…

ON INSTINCT
対エリザベス・グリーン戦。
ビル間の路地に逃げ込み回復を図りAIR GROUNDSPIKE GRAVEYARD DEVASTATORの
連続だけしていればいいというパターンがあるのだが、そのパターンが崩れた時
かなりの確率で死亡してた。グリーンに超秘かましてビルに逃げる間にヘリやタンクの
攻撃に当たってグリーンの超秘食らって即死とかね!もうホント軍邪魔すんな!
感染者のおデブちゃんはそのまま掴んで吸収出来、かなり回復するので良い栄養源だったw
何だかんだで1時間くらい繰り返してたかも… ツカレタ

TWO TICKETS
タガートの乗ったサーモバリックタンクを追っかけていく面。
途中途中戦車軍団と戦うだけのミッションなんだけど、偶にタガートのサーモ弾が
紛れて飛んできて近くに居たら即死。かなりの広範囲なので画面のエフェクトが白黒に
なってから逃げたんじゃ間に合わない時がある。周りに強化兵も湧き、かなり痛いので
回復を図りながらちまちまチェックポイントを刻んでいった。
ここはアレックスさんが終始ブチ切れて叫んでる熱い面なので結構好きw

ONE THOUSAND SUNS
最終ラスボス面。
最初、アーマーとMUSCLEMASSを使い落ちてる物投げまくってたのだが、
カウントダウンが入る終盤、看板上に投げる物が無くなった!
普通の攻撃ではほとんど効かないのでもう詰み状態。
で、なんで投げる物がこうもなくなってしまうのだろうと考える。
ラスボスに破壊されてしまうのと、自分がアーマー状態だから偶に間違って破壊しちゃう
ということだ。だから今度は生身でMUSCLEMASSだけ発動させた状態でやってみる。
序盤は出来るだけ艦の中央で戦うようにし、周りの投擲物に敵を近付けさせないようにする。
アーマー付けてないので動きも俊敏だし、防御力より機動力の方が重要なゲームだと
この時改めて実感。
周りに配置されてるヘリはまだ使わず増援で湧いてきたヘリを墜として
投げつけるようにしていた。そうしたらカウントダウンが入る終盤戦でもまだ投げる物が
残ってたのでアーマー脱いでからのやり方で一発でクリア出来た。
アーマー意味ねーなー

そんな感じでハードは中々に死亡率の高いミッションが多かったです。
MASHでもクリア出来たんでそれ程の難易度ではないんでしょうけど、
自分的には一杯一杯でした。
後はマッタリとイージーでマンハッタンの街並みを満喫したい。
これも間違いなく私的殿堂入りタイトルになりました。お美事で御座います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト