--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-19(Sun)

正義の味方ベーオウルフ

何を勘違いしている。まだ俺の塵骸魔京は終わってないZE!

塵骸魔京 ~ファンタスティカ・オブ・ナイン~ 塵骸魔京 ~ファンタスティカ・オブ・ナイン~
(2006/02/27)
海法 紀光

商品詳細を見る
塵骸魔京 ~ライダーズ・オブ・ダークネス~ 塵骸魔京 ~ライダーズ・オブ・ダークネス~
(2006/04/28)
海法 紀光

商品詳細を見る

はい、ゲーム全クリするなりダンクしてきましたMASH猿です。
ゲームでは語られなかった4人目のヒロイン、牧本美佐絵さんの物語です。
全2巻で上下巻のような続き物となってます。
ゲーム中で彼女が「ファンタスティカ」であったというような描写は一瞬しか無かったので
これを読まないと塵骸を全てやり終えたということにはならない、それ程重要な内容。

ゲーム制作がかなり延期して発売された作品だったけど、それでも作中で全部
語りきれなかったのは、当時のニトロが相当テンパってなんだろうなぁと思わせる。
実際、この小説は著者は違うのだが間違いなくゲーム本編に入れるべき内容だった。
そう思わせる描写がゲーム中、何カ所か目に付いただけに、この小説として後から
出さざるを得なかった事情があったのだろうと推測される。

で、著者は違うがこれが全く違和感無く読めてしまえた。
なんだ、この上手すぎる話の運びようは? ただの神か?

主人公の克綺とはただのクラスメートでしかなかった“普通の日常”を求める
牧本さんが非日常に遭遇し巻き込まれ、その中で克綺と出会い、
二人でお互いの幸せを見つけていくというのが大まかな流れ。
ゲーム中で登場する全勢力のキャラもそれぞれ違った登場の仕方をするので
非常に興味深い作品だった。

牧本さんの所属する一勢力「ストラス製薬」は人外撲滅を目指す人間側の組織で
この勢力も己の信じる正義の元に活動している。
だがその活動には非人道的なものも多く、牧本姉妹もその人体実験の被験者と
なり、改造人間にされてしまう。所謂「仮面ライダー」なノリだ。

イグニスは相変わらずぶっきらぼうだし、管理人さんは優しいし、ゲームから続けて
読んでるとスラスラ内容が理解できとても面白い。
2巻目になってようやく風歩が登場。
しかも何気に風歩の真名や管理人さんの下の名前って、この小説でしか
出てこなかったりするんだよねぇ。あと、妹の恵が唯一無事なのも小説だけw
これは有る意味救いがあった。その分、救われない人も居たけど…

えー、ゲーム本編が好きな人なら絶対読んだ方がいい、強く言えば読むべき
作品です。小説だけにエンディングは一つしかないので、その結末をどう
捕らえるかは各々違ってくるかもしれないけど、塵骸好きならその結末にも
笑顔で泣けるものとなっていると思います。
なんで最後のページで泣かなあかんのん…orz 途中まで結構堪えてたのになぁ

牧本さん以外にも見所は多く、ヒューマンフレアやメルクリアーリ先生の描写が
とても格好良く大目に詰まってましたw 風歩の使われ方が今までにない
使われ方をしてるのも面白かったし、侍が一番活躍出来た章でもあったw
克綺の空気読め無さっぷりと峰雪の漢っぷりも健在なのでオヌヌメ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト