--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-29(Sun)

来年の劇場版も楽しむ

ダブルオーの放映が終了しました…
これで一週間の楽しみがまた一つ減ったMASHですオーライザー!

終盤に掛けてかなり急ぎ足というか急展開な場面が多く感じられたが、
それでも毎回面白く見られた今作のガンダム。
富野ガンダム以外(Gは別腹)でこんなに楽しめたガンダムは無かったかな。
これ以前にクソなガンダムが二年も続いてたってのもあったんだろうけど、
全編一人で脚本を書き通した黒田洋介氏はやはり私的神なお人である。
場面演出が毎回非常に巧く、魅せなければならない要所で必ず魅せる演出で
書いてくれているのでとても解りやすく、そしてハマりやすい。
オーライザー初ドッキングの回とか、トランザムライザー初使用の回とか
その流れに合った見せ方の場面を用意していてマジで奮えたものだ。
そして今回の最終回。
リボンズが宇宙を漂流していたオーガンダムを見つけてオリジナルGNドライブを
取り付ける流れは非常に良かった。だって前回でオーガンダム、ラッセに乗り捨てられてて
「え?あれで終わり!?」って思ってたところでこの流れだし。
やはり最後には完全アムロだったなw
が!問題はその後ですYO!
GNドライブの片方をリボンズに奪取され、中破したダブルオーと残された刹那。
そこに母艦トレミーから射出されてきた物が…
まさかのエクシアキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

ここは吼えた。最後の戦いが一番最初のガンダム同士の対決になろうとは。
もう動画とか劇場版かと思うほど気合い入ってたわ。
ダブルオー全般に言えることだけど、毎回気合い入った戦闘シーンが非常に
印象深かった。バンクもほとんど使わず、毎回新鮮味有る描写だったので
やっぱ手掛けるスタッフが違うとこうも変わるんだなぁと実感。
この前の種や種死は作品の5割以上がバンクで出来てた上、クソだったからなぁ…

欲を言えばミスターブシドーの終わり方がちょっと呆気なかったかな。
でも残り回数無かったし、あれ以上の描写は出来なそうな感じもしてた。
最終的にマスラオがフラッグ系列の機体だったと分かった所でも吼えた。
フラッグファイターは伊達じゃないな! HGは是非作りたい。

ハレルヤも全然出番無かったし、再度覚醒する必要もなかったような。
ライルはアニューにいつ惚れたんだ?
フェルト、急に刹那にフラグ立てようとすんな?
マリナ姫は前回にも増して空気っぷりが大変良かったです。せっちゃんがオカズですね?
私的にはメガネキャラが非常に頑張ってた気がします。
マネキン大佐とかシーリンとか、マジで好みだわw
最終回一話前でコーラサワーが「大好きです、カティ」の一言残して逝ったと思ったら
最終回で結婚式挙げてて吹いたwww 流石不死身のコーラサワーだな。
准将のデレっぷりも最高潮でもうツンデリストとしては溜まりませんでした。

こうして見ると、主要メンバーで戦死したキャラってのはそう多くなく、
かなりの面子が生き残った。そして戦死したキャラは悉く作品にとって非常に
重要なキーパーソンばかりだった。ロックオン兄さんにしかり、スミルノフ大佐にしかり。
スパロボKの参入作品が種じゃなくダブルオーだったら間違い無く買っていたろうに。
スパロボファンにとって次回のスパロボの発売が待ち遠しいですな。
まあ、MASHめはもうスパロボ引退したんですけどね…

放映終了しちゃったけどプラモはまだバンバン出すみたいだし、
まだ作ってみたいの残っている。この前GNアーチャーとアリオス作ったけど、
肝心のダブルオーライザーをまだ作っていない。
なんだかんだしてたら放映も終わっちゃって、4月にはHGでトランザムライザーも
GNソードⅢ付きで出るし… ゆっくりした結果がコレだよ!!!
どうせならHGオーライザーにGNソードⅢを付属して貰いたかったなぁ…
でも買うんですけどねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト