--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-06(Tue)

ずっとテレ東のターン!

テレ東で『みなみけ』の第二期が始まりましたね!
やっぱこの作画じゃないと。展開も原作に忠実なところが好感が持てます。
カナは相変わらずカワイイなぁw こんばんは、タケル叔父さんと微妙にカブるMASHです。

昨年はナリオから貸された『遊戯王』の漫画にハマり、アニメで新シリーズが始まる
というので途中からアニメの遊戯王5D'sを見始めました。
見始めたのが2クール目の後半ということと、かなり熱いところから見てしまったため
ソッコでアニメの方にもハマりましたw それまでの粗筋はナリオから補完して
今ではダブルオーと並んで毎週楽しみにしている数少ないアニメです。

前回で3クール目が過ぎました。
3クール目は最初から全部通して見られたので凄いのめり込みましたね。
年末は原稿描いてたので数週分をまとめて見てたのですが、一気見したらかなりキた…
3クールになってカーリーという女性記者の新キャラが出てきた。
瞳の見えないグルグルメガネは今の時代かえって新鮮だw
このカーリーとジャックの絡みがもうかなり良い感じで、3クールはこの二人に
主に焦点を当てた構成となってました。
キングの座から失脚したジャックを記者として追っている内に、自分の中に新しい感情が
芽生えていくカーリー。そして二人の奇妙な共同生活も始まり、カーリーのその気持ちは
恋へと変わるのにそんなに時間を要さなかった。

この新キャラのカーリーを相当持ち上げて持ち上げて、ジャックへの想いが
恋へと変わっていった矢先の出来事で、カーリーが逝きました…
EDなどの絵の配置などから有る程度予想はしていたけどあの死に様は衝撃だった。
そしてミスティ同様ダークシグナーとなって甦ったカーリーはシティで地縛神を召還し
大量破壊をしてしまう。ディヴァインとのデュエルに決着が着き、我に返るカーリー。
眼前に広がるは自分が破壊し尽くしたシティの残骸。
ミスティから自分が死んだこと、ダークシグナーとして甦ったことを聞かされ
絶叫と共に泣き崩れるカーリー。

瓦礫の中でカーリーの壊れた眼鏡を見つけ、ここで初めてカーリーの名前を叫ぶジャック。
3クール目の締めとしてこれほどまで強烈な締めは無かった…

最初は遊星とジャックがメインでヒロインが居なく
「もしかしてジャックがヒロイン的な立ち位置なのか?まあ遊戯王ではよくあること」
とさえ言われていたのに、ここにきてそれぞれのカップリングが成立したな。
16話で登場した十六夜アキは遊星と、ジャックはカーリーと。
ダークシグナーでのライバルの図式もキレイに揃った感じだ。
ジャックは今後ダークシグナーとなったカーリーと絡んでいくのだろうが、
二人が再開してどんな展開になるのか今から非常に楽しみである。

前作までの遊戯王とは世界観をガラっと変え、スクライドのような格差有る社会と
荒廃した世界観がベースとなっているので全くのアニメ初見だが全然問題なく見られる。
時代設定は一応初代から数十年後らしい。海馬コーポレーションは先の事故で消滅してたがw
今回は5000年前のナスカ文明とか色々な複線が物語りに含まれていて
初代遊戯王のような広い物語性をじわじわと感じさせてくれて興味深い。

次の放送で4クール目に入るが、毎度長寿番組みたいなのでどこまで続くか分からないが
まだまだ語られていない話が多く目立つので続けようと思えばかなり長いこと
続けられる造りになっているのは確か。この辺りの匙加減が絶妙に巧いと思える。

そんなんで何故かこの歳になって遊戯王にハマり中のMASHでしたw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト