--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-17(Thu)

烈の想いと一陣の風

エアロブラスターズ
「大好きなSTGを全部描こう」シリーズ(笑)2作目。
というかシリーズという割りに全然描いてなかったり。
デッサンがむっちゃ狂ってるのは自覚あるんで余り責めないで…orz
今回は私的神STG殿堂入りソフト『エアロブラスターズ』です。
制作カネコ、販売ナムコにより90年にアーケード『エアバスター』が登場。
同年PCEのHuカードに、翌年メガドライブにタイトルを『エアロブラスターズ』に変え移植。
MASHが初めてやったのはPCE版。

最初やったとき、今までやったことのないような画面演出に驚いた記憶が
今でも鮮明に残っている。
横スクロールのパワーアップ系STGなのだが、その画面内の構成とスクロールが凄かった。

成層圏を抜けて宇宙に昇る場面は斜めスクロールになっていて、段々と背景が変わり
宇宙空間へと突入する背景が素晴らしい。
宇宙ステージでは自機に慣性が付いたりと、かなりの凝りようだった。
二面の高速スクロール面ではその面用のオプションアイテム「バンパー」が登場し、
それを装着して超高速スクロールの中、トンネル内をくぐり抜けるというとんでもない
ステージ構成だった。ここは相当ショッキングだったわぁ。神に出会った瞬間だったw
あのトンネルをバンパー無しで行くのが相当アドレナるんだよね。

音楽もメカニカルで格好いい。特筆すべきはその効果音。
SEが金属的で結構リアルなんだよね。
グラフィック、音楽、SE、背景、演出、どれを取っても当時では群を抜いていたと思う。
だって、自分がこのソフトに出会ったのは発売されてから五年後くらいだもん。
五年前の作品やって驚かされたんだぜ? 相当だよなぁ…

今でもウチには『エアロブラスターズ』のHuカードは手元に取っておいてあります。
例えハードが動かなくなったとしても、このソフトだけは絶対に手放せない。
そんな思い出の作品。

そういえばピク山にも絵を「エアロブラスター」タグで上げたんですよ。

コンシューマ向けタイトルの方が分かりやすいかなと思って。
そしたら速攻「エアバスター」タグが追加されてて感激した!!
やっぱいつの時代になっても名作は忘れ去られないんだなぁ…
タグ入れて下さった方有り難う御座いました。嬉しすぎました!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト