--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-21(Sun)

アクションシーンでの演出の大切さ

アニメのジョジョ、私的にはかなり満足のいく出来でした。
特に原作でも一番泣ける『鮮赤のシャボン』の回は
作画、演出ともに非常にクォリティ高く、アニメ観ててもやはり泣きましたね…
あそこは漫画読んでてもいつも泣くわ。
リサリサが田中敦子さんだったのが非常に合ってたし嬉しかった。

そんな小林靖子脚本で私的に大好きな作品が続けてアニメ化された。
毎度コミックスの発売が待ち遠しい『進撃の巨人』だ。

まず作画のクォリティが非常に高い! 人物だけでなく背景から彩色まで
デジタルな輝度ある鮮やかな技法で描かれている。
OPのコンテは凄まじい切り方。カメラワークで言うところのパンが半端じゃない。
こういう見せ方をアニメでもグリグリ出来てしまうのはデジタル技術だけじゃなく、
演出家が映像の見せ方をよく知っていなくちゃ出来ない手法だ。
サンホラの曲も相まって疾走感がヤバイことに。


今期期待度ナンバーワンの『進撃の巨人』、オススメです。
原作の方もどんどんショッキングな真相が明かされていくが、
作品の根底にある謎「巨人とはいったい何者なのか?」という所に関しては
まだ一切解ってないんだよね。
あれだけ話を色々動かしてるのに、その根本の謎には触れさせないストーリー展開は巧い。
どのタイミングでこの世界の謎を解いてくるのかが見所の一つでもある。

そんな中、TOKYO MXで再放送してた『スイートプリキュア』が終り、
念願の『スプラッシュスター』が始まった! これで全制覇出来るぞ!

『スイート』は『ふたりは』に原点回帰し、2人揃ってないと変身出来なかったり
必殺技使えなかったりと、やはりこちらの設定の方が近年のプリキュアより
面白く感じられた。変身シーンや必殺技のバンクが美麗で、毎度スキップせず観てしまった。
仲間が4人揃った時の完全版変身シーンは感動モノ。
バトル要素は少なく、響と奏の夫婦漫才が大半を占めており、
毎度甘いキマシ展開でそれはそれで面白かったです。
なんといっても今作の妖精ハミィの活躍がすごかった。
歴代プリキュア妖精でここまで活躍した妖精ってそういなかったな。
ハミィとセイレーンに関する一連の物語には感動し、あの21話では泣いた…orz
その後のエレンも可愛らしくプリキュアにしては珍しく、観ていてほんわかする内容だった。
(普段はバトル楽しみで見てるところも大きかったので)

現在やってる『ドキドキプリキュア』に関しては、現時点での評価は低いです。
優等生で生徒会長もやってる主人公に全く感情移入が出来ない…
話の展開やキャラもイマイチ。
プリキュアの主人公ってのは等身大の中学生で、どちらかといえば短所が目立つ
子が多かったんだけどね。中でも『5』の主人公、夢原のぞみが歴代一のアホの子
なんだけど、そのポジティブさとメンタルの強さから、物凄いカリスマ性が見て取れて
私的に一番好きな歴代主人公です。
作品的にはやはり初代の『ふたりは』が好きかな。
今やってる『スプラッシュスター』も面白くみられてる。
やはりキャラデザは稲上さんの絵柄が一番シックリくるなぁ。
『5』以降、髪の色が自然色じゃなくなって、変身すると髪が極端に伸びたりして
好きじゃなかったんだけどね。


だからこの動画も貼っておきます!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト