--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-16(Thu)

普通が好き

『男子高校生の日常』を読んでいて、作中の登場人物、
生島と羽原の名前にルビが振ってなかったので今まで
なんて読むのか分からなかったがアニメ化にて判明。

生島は「いくしま」か「きじま」の読みがあるけど「いくしま」でした。
羽原は「はねはら」か「うはら」かと思っていたらまさかの「はばら」で
ちょっと驚きましたよ。日本の名前ってムズカシイヨネ?

そんなでナチュラルな声優の演技が光る『男子高校生の日常』、
みな素って感じで演じているのでそれがとても作風に合ってますね。

新人声優も多く起用してるかと思いきや、ちょい役に三石さんとかいたりしてすごい。
ヤナギン役の小林ゆうさんが相変わらず何かが降りたような演技がヤヴァイ。
素っっぽいところもあるけど、あの人は毎回演じるのが真剣過ぎて恐いくらい。
お隣の唐沢を呼ぶ時の「としゆきくーん! としゆきくーん!!」に何故か爆笑した。
ホント、どこまでも気合いの入った御仁である。

りんごちゃんの声にまどか役の悠木さん使ってたりと新人も多い。
みな自然体でやってる感じの作品なので新人声優にとって
すごく勉強になりそうな職場風景のような気がする。

最近のアニメ声に辟易している方は観てみるのもいいかも。
本編開始前のダベリのところなんかもう完全に普通に会話してるだけだもんね。
最高だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール
リンク
トラックバック
RSSフィード
Amazon箱○ベストセラー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スクロールバースクリプト地域情報サイト